sekos kitchen

投稿

260

フォロー

9

フォロワー

18

調理学校講師。
西洋専門調理師資格保有。
イタリア料理・フランス料理をメインとして作ります。
常日頃料理の事を考えて生きています。
34歳になりました。

EATPICKアンバサダー2期生

Instagram
https://www.instagram.com/tomoya.seko/

投稿

  • 投稿

    あん肝のテリーヌ 鮪とアボカド ポン酢とミルク 

    鮟鱇の肝臓 あん肝は 処理した後 日本酒とヴェルモットでマリネし ゆっくりと火入れ 鮪・アボカド・山芋 で作ったタルタルと合わせ 野菜のピュレも合わせ 味わいの要素を増やし あん肝の印象を深める 選択肢は無限にあるし 広がり続ける 日々のインプットの質を高め 自分の中の 選択肢を増やし続ける

  • 投稿

    岩手県産 天然 ハマチ お造り

    お造り 個人的に最強な調理法 火を使わず ただただ切っただけ 切るだけ その調理の中に 複数の技術が詰められる 厚さ 幅 角度 そして大事なのは 切る包丁の切れ味 切れる包丁でスッと切りつける 素材を活かせる切り方 日本人が誇る技術 まだまだ圧倒的に足りない技術 日々が修行 現状に満足するなんて 一生有り得ない

  • 投稿

    シャラン鴨 ロティ 黒味醂のソース 九条葱のピュレ 焼き茄子

    窒息 鬱血させ 血を回し 香りと味わい濃く 仕立てられたシャラン鴨 素材の味わいは 素材自信のポテンシャルは勿論 生産者様の技術、技量から生まれる 人の為に 人の手で育てられ 人の手により 食べ物へと変える 素晴らしい素材の為に それを望む人の為に 日々絶え間なく 仕事を施している 生産者様の想いや拘りは 素材にしっかり反映される その想い、拘りを汲み取り 素材をお客様、食べる人の為に 全力で頭を回転させ 素材を扱う たった一つの素材であっても 惰性で扱ってはいけない 毎日毎回 何かが違う しっかりと見極め 考えられる脳を持つ事が 料理人には必要だと思う

  • 投稿

    落ち鮎 コンフィ 黒舞茸 リゾット 酢橘

    落ち鮎のコンフィ 卵を持った鮎を丸ごと味わう コンフィにした際に出たジュと 香りの強い黒舞茸で リゾットを作成 香ばしく仕上げた 鮎の香りと味わいに プチプチとした卵の食感 酢橘の香りと酸味が 食べる度に異なる表情を見せてくれる 11月も終わり 今年もあと僅か 1日1日を大切に 日々料理に向き合いながら 今年も最後まで料理を楽しもう

  • レシピ

    鶏肉の香草パン粉焼き

    クリスマスシーズンに 普段の鶏肉を少しのアレンジで 華やかに いつもとは違う味わいで特別感を Bistroを使えば難しい火入れ×焼き付けも簡単!

  • レシピ

    愛知県産 みかわもち豚 スペアリブ ブラウンマッシュルーム 燻製白胡椒

    みかわもち豚のスペアリブを Bistroのグリルを使ってジューシーに火入れ ブラウンマッシュルームを薄く削って 仕上げに香り高い白胡椒を振りかけた パッと見レストランで出て来るような料理もBistroなら簡単に調理