大麦フレークを使った腸活スープ

15分

はくばくさんの甘くない大麦フレークを使用して、腸活スープを作りました。

季節の変わり目で風邪をめされる方も増えていると思います。
中に入れている材料は薬膳的にも効果が期待できます🎶
小松菜:体の余分な熱を取り、火照りやイライラを鎮めます。肺の熱にも効果があるので、喉の腫れや咳や痰にもよいです。消化も助けます。

大根: 胃もたれや嘔吐、お腹の張り、便通などによいでふ。また、粘膜にも効果があり、免疫力を高めるはたらきがあるので、のどの不快感、咳、風邪やインフルエンザの予防によいです。

生姜: お腹を温めて胃腸の調子を整えます。初期のかぜや冷え性の方におすすめです。
ただし、生姜は生のままだと体を逆に冷えさせます。加熱した生姜は体を温める作用を持っていますので、加熱する事を忘れないでください。また、皮の部分に成分が豊富に含まれていますので、使う時は皮をよく洗って皮ごと使うのがおすすめです。

クコの実:滋養作用で、疲労回復を助けます。

松の実: 体内の乾燥を潤すはたらきがあります。体の水分不足からくる空咳に有効です。

しめじ:心身のエネルギー不足を助けます。肺の機能を高めるので、咳の改善も期待できます。

大麦:消化不良やお腹の張りに効果があります。また、余計な熱を冷ましてくれます。

yumi_1230

フォロワー数 10

材料

だし汁300cc
小松菜適量
生姜一欠片
大根適量
しめじ適量
塩麹小さじ2
みりん粕大さじ1
クコの実適量
松の実適量
大麦フレークひとつかみ

作り方

  1. 小松菜は1口大、大根は太めの千切り、生姜は半分は皮ごとすりおろし、残りは千切りにします。

  2. お鍋にだし汁をいれ、小松菜の茎の部分、大根、しめじを入れて中火にかけます。

  3. 沸騰したら千切り、すりおろしの両方のしょうがを入れ、弱火にします。

  4. ひと煮立ちさせたら塩麹とみりん粕を加えます。(みりん粕がない場合は酒粕でも可です。もちろん入れなくても大丈夫です。その場合、みりんをひと回し入れると美味しいと思います。)
    みりん粕はよく溶かしてください。

  5. 味が整ったら、大麦フレーク、小松菜の葉っぱを加え1-2分加熱したら火を止めます。

  6. お椀によそい、最後にクコの実、松の実を乗せて完成です。
    私はお豆腐が余っていたのでお豆腐も具材に加えました✩.*˚

  • レシピ

    オートミールのツナマヨドリア❣️❣️

    またまた、オートミールにカリフラワーライスを入れて、今回はヘルシーなツナマヨドリアができました😆❣️ ツナマヨチーズは間違いない組み合わせですね👍💓 はくばくのもち麦フレークで食感楽しめて、おいしくできました🥰

  • レシピ

    これぞ本当のパンケーキ🤣🥞

    失敗パンの中身をくり抜いて、豆乳と卵を混ぜて、焼きました😆✨ 中身だけでてきちゃって、どうしよう😱と思っていたのですが、ちゃんと固まってくれてパンケーキみたいになった😳❣️ パンの中身で作ったので、これぞほんとのパンケーキ🤣?! って思っていたのですが、パンケーキってフライパンで作るからパンケーキと呼ぶのですね😳!! 「なんでパンじゃないのにパンケーキって呼ぶん?パンみたいやから?」と小学生みたいな質問をしてしまい、今日母に教えてもらい初めて知りました🤣 もち麦フレークでザクザク食感、はちみつ、バナナ、ココアパウダーでおいしく仕上がりました♥️

  • レシピ

    レンジで簡単☆小松菜の塩昆布ナムル風

    レンジでパパッと調理の簡単副菜。 塩昆布のうま味が全体のバランスをととのえてくれます。 忙しい日のあと一品!や、お弁当の副菜にも便利です。 小松菜には、他の野菜と比べてカルシウムが豊富。 皮膚や粘膜を保護し、目の健康をサポートするβカロテンや、貧血予防の鉄も含まれます。

  • レシピ

    もち麦フレークで作る✨チョコレートバー

    レンジ調理でチャチャっと作れて、簡単なのに、めっちゃ美味しいんだなぁ😆 もち麦フレークの香ばしい感じと、チョコレートが相まって、食べ応えもあって、小腹が減った時に、ピッタリですよ! ※調理時間に、冷蔵庫で冷やす時間を含んでいません!