鶏のもも焼き

キッチン家電レシピ

*NE-BS2700/CBS2700のレシピです。
レシピ中に【アプリ限定】と表記のある場合は、ビストロ(レンジ)とアプリを接続すると調理できます。

材料(人数分)

鶏もも肉(骨付き)4本(1本200g)
たれ
 しょうゆ
大さじ3
 水
大さじ3
 砂糖
大さじ1
 顆粒和風だし(お好みで)
小さじ3/4

作り方

  1. ●アルミホイルを準備する

    1.
    関節から下の骨を取り、骨に沿って根元まで肉を切り開く。
    身の厚い部分には包丁を入れ、厚みをそろえ、平らにする。
    たれを混ぜておく。

  2. 2.
    皮目を上にして、フォークなどで穴をあける。
    ( 皮のはじけ、縮みを防ぎ、味のしみ込みをよくするため)

  3. 3.
    肉とたれを合わせ、途中上下を返しながら約30分漬け込む。
    ( 長時間漬けすぎると、焦げるので注意してください)

  4. 4.
    アルミホイルを敷いた角皿に皮目を上にして並べ、上段に入れる。

    ●皮の薄い部分が焦げやすいときは皮を下に折り込んでください。

  5. 使用商品:NE-BS2700/CBS2700
    手動⇒オーブン⇒予熱なし1段⇒250℃
    加熱の目安時間 約23~28分

  • 骨ももが苦手な娘の為に胸肉で作りました
    焼き時間同じです
    皮パリパリの中しっとりで美味しくできました

  • クリスマスの鶏が美味しかったから…と家族のリクエストがあり、
    2019年最終日にまさかの中七日でのリピートです。
    ビストロのオーブン性能のおかげで、多少材料の重量がばらついても
    温度、時間を守っておけば、安定した出来映えになるので
    安心して任せておけるように思います。
    ちなみに、今回もハチミツさん登板の200℃,30分でした。
    今回もおいしくいただけました!

  • 平日の晩には、なかなか家族が全員揃わないので、ウチは今日がクリスマスでした。

    照りと柔らかさを引き出すために、プロテアーゼさんの力を借りたいので、
    材料リストにはありませんでしたがハチミツさんにご登場願いました。

    焦げ易いハチミツさんを仲間に入れたため火力が自己調整(200℃,30分を選択)となり、
    結果として焦げ目がやや強めについてしまいましたが、
    結果オーライでこの焦げも香ばしさを増す手伝いをしてくれました。

    日頃は電子レンジとグリルばかり使っていますが、
    たまのオーブン料理でも役立ってくれるビストロの総合性能の高さを実感しました
    (ちなみにウチはBS1200です)。とても美味しくいただけました!

  • ツヤツヤ!おいしくいただきました♡

  • 骨は付いていませんが…
    旦那は鶏肉が大好物!レンジにいれるだけの簡単調理なのに、"なにこの美味しそうなご馳走!"と笑
    ご馳走に見えましたか?電子レンジ様様です