3件

  • 投稿

    おでんに合わせたのは…ドイツのスパークリング「ゼクト」!

    今季最初のおでんパーリィーは、ドイツのスパークリングワイン「ゼクト」といっしょに☺️🥂🍾🍲 Wines of Germany日本オフィスさんのキャンペーンに当選して、プレゼントしていただきました😍🎁 華やかで深みのある香りなのに、超スッキリ辛口な飲み口です😍 おでんもワインも進んじゃう〜☺️💓 日本酒とは違うけれど、なぜか和食系に合いそうな味わいでした😋 もちろん重めのドイツ料理にもさっぱりしてきっと合うんだろうなー☺️ 確かにシュニッツェルとか合いそうです。ってか、それぐらいしか知らない…😅 ドイツ人の義兄はスパークリングワインしか飲まないらしいけど、いつもこういうの飲んでるのかな😅 私たちはスパークリングしてるだけでパーリィー気分が止まらないです🥳🍾 こんなに交友関係激セマで引きこもりの私にしては超珍しく、今年はガチのクリスマスパーティーがあるので連れていきたい…🥳🎉

  • 投稿

    天使の海老とアボカド ズッキーニ 柚子香る泡のソース

    『 天国 』に最も近い島 ニューカレドニア 産まれ 鮮度を保ったまま輸入される 生食出来る程の鮮度 キュッと加熱し 素材の香りと旨味そして特有の甘味を濃縮 濃厚な味わいのアボカドと合わせても 強い存在感を残す 海老の香りに森のバターとも言われる濃厚なコクのアボカド それぞれが主張しすぎる事なく調和し合う 柚子果汁を加えた牛乳を泡状のソースに仕立て キリッとした味わいと香りを更に付与 食べる人を天国に誘うような料理 を作る事は難しいしほぼ無理に近いが 食べてくれる人に対して 常に 妥協しない心だけは忘れてはいけない

  • 投稿

    鮟鱇のロティ あん肝のポワレ ジュと抹茶、ヴェルモットの泡 菜の花・タラの芽・ユキノシタ

    前回に引き続き鮟鱇。 身は骨つきのままロティに。 香ばしくジューシーに焼き上げる。 季節的にも珍しいサイズのあん肝は、 ガッと表面を焼きつつ、 しっとりと仕上げる、フライパンポワレに。 付け合わせは旬の野菜と山菜で。 パリッとした食感に仕上げた。 ソースは、鮟鱇のジュをベースに ヴェルモットで香りを足した物を泡にして、 軽い仕上がりに。 抹茶の苦味と香りを付与し、 味わいに意外性と幅を持たせる。 一皿に異なる調理法を掛け合わせる。 それぞれのバランスや仕上がりのタイミング。 香りや軽さをコントロールし、 掛け合わせる事に対する意味を持たせる。