35件

  • 投稿

    ベトナム料理

    こんばんは! 今日はベトナム料理屋さんに連れて行ってもらいました。一緒に行った方が海老アレルギーで、ちょっと申し訳ないことをしてしまいました…ベトナム料理って海老たくさん使われているんですね…

  • 投稿

    お野菜たっぷりきのこ鍋、ベトナム料理プライベートレッスン

    この日は、ベトナム料理のプライベートレッスン。 習ったのは ●きのこ鍋 ●土鍋の鶏とレモングラスの炊き込みご飯 ●魚のレモングラス風味塩辛焼き 特に寒い季節はお鍋がいいですよね。 こちらのきのこ鍋は鶏ガラスープベース。たっぷりのきのこはもちろん、ブラバラのしゃぶしゃぶと海老でボリューム満点! 土鍋の鶏とレモングラスの炊き込みご飯は、簡単なのにとってもおいしくて、習ってから何度もリピートしている一品。 香ばしい魚のグリルはたっぷりのお野菜と。今回はさわらを使いました。 この日もおいしい楽しい一日♪

  • 投稿

    おいしく腸活♬夏はやはりベトナム料理♬

    夏はやはりアジアンフードが食べたくなりませんか? それも腸活目線で^_^ ・・・・・ こんにちは お読みいただきありがとうございます^ ^ 腸活・菌活講師、腸活ビューティニスト代表 中島真知子です^ ^ 【簡単・美味しい・継続可能】な腸活ライフを楽しみ実行中です。 ・・・・・ 夏はやはりスパイシーなものが食べたくなりますよね? これはなぜなのでしょうか?? ポイントは2つ‼️ ①スパイスやカプサイシンを食することで 発汗を促し、皮膚表面の熱が放散、体温上昇を防ぐ ②消化液分泌量が増え、食欲増進へつなげる 身体って本当に神秘的で 季節に合わせてどう生命維持していくのかよくわかっているのですよね! 私が大好きなベトナム料理は スパイシーも控えめで子どもも楽しめるので夏休みにはぜひぜひ家庭で召し上がっていただきたいなと思っています。 ただ、よく販売されている○○キットは 小麦粉がメインとなり、腸活としては難しい。 日本人は小麦粉の分解に時間を要するため、腸壁に残りやすいと言われています。 実は本場ベトナムでは、米粉利用が多いのですよ^_^ フォーも米粉、写真のバインセオも米粉がメイン。 そこに野菜やハーブをこれでもか! というくらいプラスして食べます。 スイートチリソースもぜひ腸活目線で 自家製で作ってほしい♬ だって簡単だもの💖 オリゴ糖を意識して作ってみましょう^_^ ご飯で旅する夏休みも楽しいですね! お読みいただきありがとうございました😊

  • 投稿

    ベトナム ハノイの麺料理 “ブン・チャー”

    “ブン・チャー”とは ベトナム ハノイの麺料理 ミートボールとそうめんのような極細のお米麺 “ブン”を、チリソースのような甘めのタレ “ヌックチャム”にたっぷりつけて食べるベトナム風つけ麺です。

  • 投稿

    ブンカーギョンハノイ Bún Cá Giòn Hà Nội オンラインクッキング見て作ってみました😊 

    お久しぶりですm(_ _)m ご訪問ありがとうございます ⁡ こんにちは😊 mutsumiです ⁡ 先日、クックパッドアンバサダーの中間ミーティングがオンラインでありました。 ⁡ その第2部として、クックパッドベトナムのスタッフのエミリーさんが、 ベトナム料理をオンラインクッキングしてくださいました。 その場で作りながら参加された方々もいて、尊敬! 私は土曜日の午後だというのに、病院に行く予定だったので、とにかくメモしながらの参加でした😊 ⁡ ブンカーギョンハノイ Bún Cá Giòn Hà Nội は、 ベトナム庶民の味だそう。 エスニックな爽やか麺料理です。 ⁡ 驚いたのは、ベトナムのご家庭では、豚骨や魚から、出汁を取るのが一般的だということです😳 ⁡ レシピにも出汁を取る工程が記載してあり、なければ豚骨や鶏ガラのスープの素で良いとありました。 ⁡ 日本では、現代は、 きちんと出汁を昆布と鰹節やいりこから取る人も多少減り、 簡単にだしパックや顆粒ものに頼ることも多いのに、 豚骨や魚はもっと大掛かりなイメージです。 ⁡ たまにですが、私も 鯛のアラを買ってきてアラ汁を作ったり、 豚骨も、ちょっと頑張ってラーメンスープ取るよ!という時に、 もはやこだわりの趣味的にすることはあります😅 ⁡ でも、ベトナムの方は普通に取るそうで、驚きました😁 ⁡ そう聞いたら、もううずうず😆 挑戦してみたい! できるだけ、本場の作り方で作ってみたい! ○天でお買い物マラソンしまくって、⁡ あちらこちらからお取り寄せした材料が到着したので、豚骨から挑戦しました。 ⁡ ⁡

  • 投稿

    日本人にもおいしいフォー!

    おうちでフォーを作ってみました☺️🍜 私はタイやベトナムのお料理が大大大大大×∞好きなのですが旦那様が苦手だと言うので、私1人のソロ活動時にコッソリお店に食べにいったり、輸入食材店でインスタントのものを買ってきてお昼に食べたりしていました。 今回のフォーはモニターでいただいたCOMPHOさんの「国産 鶏だしスープのフォー」(1袋2人前×5個 税込3500円)で作りました。 COMPHOさん、多分レストランには行ったことがある気がします。多分吉祥寺のコピスの地下! (やっぱり吉祥寺…😅) 1袋の中に入っているのは米麺2人分とスープです。 麺は新潟県上越市産の国産米で作られていて、つなぎに北海道産でん粉を入れることでモチモチ食感を楽しめます😋 もちろんお米なのでグルテンフリー🙆‍♀️ COMPHOさんって、実はお米屋さんから始まっているのでお米のスペシャリストだったんですね☺️💓 スープはうま味調味料不使用です。 麺の食感やスープの味わいも、日本人の味覚に合うように製品を企画したそうです。 食品添加物も不使用だそうなので、家族みんなで楽しめますね☺️ さぁ、日本人向けのフォーということで、東南アジア料理全般苦手な旦那様にも食べてもらいました😏 鶏だしスープなのにビーフをのっけた私…😅 あとはネギ・もやし・たまねぎ・小松菜・アスパラ(全然見えてない🥺)を入れました。 パクチーやバジルを入れたい気持ちは山々ですが、嫌がる人がいるので自粛…🥺 薬味には唐辛子ペーストや柚子胡椒、そしてナンプラーを用意してみました。 ナンプラーは嫌がる人が約1名いますので、もちろん私専用です😏 私はベトナム感強めでも大歓迎です🤣 米麺は熱湯で5分ほど茹でると完成です。 確かにモチモチ感がありながらもツルっと入っていく感じですごく食べやすいです😍 スープも自然なうまみがあってアッサリとしていて私好みでした😍 アッサリ感を損ねたくなかったので、具材のお肉は茹でてのせました。炒めようかと迷ったけど茹でで正解でした👍 その後塩胡椒を少々かけておきました。 旦那様も完食してくれたのでもう言うことなし‼️ これなら家族一緒にフォーを楽しめそうです🎶