落ち鮎 コンフィ 黒舞茸 リゾット 酢橘

sekos kitchen

2ヶ月前



落ち鮎のコンフィ
卵を持った鮎を丸ごと味わう

コンフィにした際に出たジュと
香りの強い黒舞茸で
リゾットを作成

香ばしく仕上げた
鮎の香りと味わいに
プチプチとした卵の食感
酢橘の香りと酸味が
食べる度に異なる表情を見せてくれる

11月も終わり
今年もあと僅か

1日1日を大切に
日々料理に向き合いながら
今年も最後まで料理を楽しもう

  • 投稿

    ハコネーゼ リゾットチャレンジ

    こんにちはふぁそらです♪ モラタメさんより 創味食品 創味ハコネーゼ 濃厚パスタソース 5種 を頂きました。 ハコネーゼといえばさんまさんのテレビCMでおなじみですね。 一度試してみたいと思いつつ買ったことがなかったのでモニターに当選しとっても嬉しい♪ 今回はパスタではなくリゾットチャレンジということでリゾットを作ってみました。 これがねもう簡単すぎて目から鱗です。 しかもしかもめちゃくちゃ美味しい! こんなに簡単に本格的でお店のようなリゾットを味わえるなんてびっくりですね。 作り方は ハコネーゼを開封 ご飯180gを投入 水75mlを投入 混ぜる 軽くラップをしてそのままレンジへ!500wで3分 これで出来上がりです。 洗い物? 袋のまま食べればスプーンだけ! お皿に移してもお皿とスプーンだけ! お腹がすいてるときに爆速で出来る満足ご飯ではないでしょうか? なんといっても味が美味しい。 アレンジレシピもたくさんあるようでホームページを見てても楽しいですね。 今回は生クリーム仕立ての濃厚ポルチーニソースを雑穀米で試してみましたが、他のも楽しみです♪ モラタメさん美味しいハコネーゼをありがとうございました。

  • 投稿

    北海道産 スノーホワイトチェリバレー 鴨胸肉のロティ 鴨の出汁で炊いた大根・すずしろ   

    北海道のミネラル豊富な地下水で育つ。 その名の通り真っ白な毛の中に、 真っ赤な身を持つ。 臭みは無く、繊細な味わい。 この鴨良さを損なわないよう 丁寧に火を入れ 付け合わせは 同じ鴨からとった出汁と白醤油で 炊き上げた大根と その出汁にさっとくぐらせたすずしろ ソースも 同じ出汁を軽く詰め 山ワサビで香り付け 主素材 この存在を 活かすも殺すも 作り手次第

  • 投稿

    青森県産 天然鮃 熟成 あん肝のテリーヌ 九条葱

    青森のヒラメ 水分を調整し 空気に触れないようにして 5日程熟成 熟成する事で旨味が強くなり 味わいが濃くなる そのヒラメを 濃厚な味わいのあん肝のテリーヌと合わせる 熟成したことで釣り合う味わい 食材は死して尚 成長を続ける それを行う為には 知識と技術が必要 止まっている暇は無い 1秒でも余裕があるなら 先に進む努力を

  • 投稿

    細魚 蕪 タプナード 

    上品で繊細な味わい 細身で銀色に輝く外見 そこから想像出来ないほど黒い腹の中 脂肪が非常に少なく淡白な細魚 おろして骨切りをした後に レモンとレモンオイルで軽くマリネ 合わせたのは蕪 じっくり焼いて甘味を引き出し みずみずしさと甘味を細魚に合わせる キャビアの下には オリーブと細魚の肝で作った タプナードソースを忍ばせた 骨煎餅を添え 文字通り 骨まで味わう