ヤゲン軟骨とゴーヤのアーリオ・オーリオ

sekos kitchen

5ヶ月前


一羽の鶏肉から1つしか取れない
ヤゲン軟骨
コラーゲンやカルシウムが豊富で
コリコリした食感が特徴的

玉葱、白ワイン、赤唐辛子と共に柔らかく炊き上げ
炊き上がりにゴーヤを加えた

ゴーヤの持つ独特な苦味と
赤唐辛子の辛味

ヤゲン軟骨のコクのある味わいに
刺激を加える

キンキンに冷えたビールでも
炭酸強めのハイボールでも
キリッとした白ワインでも

兎に角
お酒に合わせたい一品

  • 投稿

    季節野菜のスパゲッティーニ

    かつて 一緒に働いていたシェフに 野菜だけで『美味しい』パスタ作って。 アンチョビ、チーズ無しで! ベースは野菜で。 と言われ色々考えたどり着いた一皿 それぞれの野菜の特徴を活かしたい 甘い野菜はグッと甘味を引き出す ほろ苦さが美味しい野菜はその味わいを フレッシュな味わいも必要 食感も全て同じにしたくない 火を入れるタイミング 野菜の切り方、その角度 香りの主軸はあくまでも野菜で そのものの、焼いた、茹でた 野菜の香りを感じさせたい ニンニクの強い香りもこの料理には不要 それぞれ一つ一つを美味しく仕上げ バランスを整え 全てを一つにした時が 1番美味しい状態に仕上げる 当時は どうなれば良いのか どうすれば美味しく仕上がるのか なかなか答えをだせず とても頭を使った 野菜が美味しい事には気付いていたけど その根底や本質まで考えていなかった部分を 見透かされたのだと思う 素材一つ一つに特徴が有り それぞれに別々の価値がある それを活かすも殺すも料理する人次第 丁寧に 慎重に 尚且つ スピード感を持って 仕事をする 料理を生業にする以上 一瞬たりとも忘れてはいけない

  • 投稿

    田舎風パテ 牛蒡 大西屋 頑固おやじのぶたで

    田舎風パテ パテ・ド・カンパーニュ 洗練された物も良いが 無骨な仕上がりも魅力的 この料理を作る時は 大西屋の頑固おやじのぶたを 好んで使う 肉の旨味 脂の甘味 は勿論 臭みの無さや クリアな味わい 日本人好みの味わいの豚だと思う 今回は日本特有の野菜 牛蒡を合わせた 牛蒡はコンソメとマデラ酒で柔らかく炊き パテの中心に 付け合わせは同じく炊いた牛蒡のピュレと 牛蒡のチップ 牛蒡の香りで いつもとは違う いかにも日本人らしい一皿に

  • 投稿

    オンライン飲み会🥂本日21:00開催‼️

    こんばんは🌙 うふふ、今日3つ目のpost💦 宿題が捗って、どんどん済んでいきます🤩🤩🤩 懲りずに、こちらのpostもお付き合いくださると、嬉しいです😅 🥂🥂🥂🥂🥂🥂🥂🥂🥂🥂

  • 投稿

    北海道産 スノーホワイトチェリバレー 鴨胸肉のロティ 鴨の出汁で炊いた大根・すずしろ   

    北海道のミネラル豊富な地下水で育つ。 その名の通り真っ白な毛の中に、 真っ赤な身を持つ。 臭みは無く、繊細な味わい。 この鴨良さを損なわないよう 丁寧に火を入れ 付け合わせは 同じ鴨からとった出汁と白醤油で 炊き上げた大根と その出汁にさっとくぐらせたすずしろ ソースも 同じ出汁を軽く詰め 山ワサビで香り付け 主素材 この存在を 活かすも殺すも 作り手次第